会 員 規 約



会員は、プール施設の利用が自己の責任と危険にもとづいておこなわれることを明確に承認する。

また、施設利用中の事故について本スクールは一切の損害賠償責任を負わないことを確認する。

ただし、本スクールに故意又は、重過失がある場合はこの限りではない。



会員は、事故の責任の帰すべき原因により、第三者に損害を与えた場合は速やかにその賠償責任を果たさなければならない。



会員は、施設利用のため会員制度を設けます。会員が施設を利用するときは会員証を提出するものとします。


会員は入会に際し、いずれかに該当しない方とする。

運動に適した健康状態でない方。
入れ墨をしている方。
暴力団関係者と本スクールが判断した方。
本スクールが会員として、ふさわしくないと判断した方。


会員は次の場合にその資格を失う。


退会/会員は月謝の滞納が1ヶ月以上に至った場合は退会とみなされる。
死亡した場合。
除名及び退会/次の各項いずれかに該当する場合、除名又 はプール施設より退場させることができる。
(ア) プール施設利用の諸規定に違反したとき。
(イ) 本スクールならびに会員総体の名誉をきずつけ、または秩序をみだしたとき。
(ウ) その他、本スクールが会員として不適とみなしたとき。


本スクールは次の理由により、プール施設の全部又は一部を一時的に閉鎖することがある。

気象、災害事変によるとき。
施設の改善又は補修のとき。
経営上重大な理由のあるとき。
地方公共団体もしくはこれに類する団供の主催する行事に協力するとき。(試合等)
本スクールが企画し実施する諸活動をおこなうとき。


②~⑤については原則として2週間以前に公示する。


月謝その他前納制の諸料金は原則として返金しない。

ただし、本スクールが認めた特別の理由がある場合は、これにあてはまらない。


経済変動に伴い各料金を変更することがある。


今までに疾病等でプール入水を止められた事がある方は、医師の健康診断を受けてください。

10
駐車場内での事故・盗難については、本スクールは一切責任を負いかねます。

11
本スクールは、施設を管理し、会員の安全をはかる目的により本規約に定めのない会則ならびにプール利用規定を定めることができる。






もどる